機材リスト

機材リスト

2005年 10月現在(抜粋)
Microphone          
AKG C391&CK92 2 Microtech Gefell UM-70S 2
  C451 2   UMT-70 2
  C1000S 2   M-300 4
  C461  2   UM-92S 2
  C462 2      
  C680BL 2 NEUMANN SM-69 fet 1
  C747 1 SANKEN CMS-2 1
         
audio-technica AT-961R 4 AUDIX D2 1
      D4 1
SHURE SM-58 5      
  SM-57 3 DPA 4006 2
  Beta57A 2      
  Beta52A 1 FOSTEX MC-10 6
  Beta98DS 4      
           
Direct Box          
Countryman TYPE 85(改) 2 Radial J48 1
BOSS DI-20 2 BEHRINGER DI20 2
           
Mixer          
YAMAHA PM-3000/24 1 RAMSA DA-7 1
  O3D(改) 1 NEVE 5462/16 1
01V96 1 ALESIS STUDIO32 1
Soundcraft Lm-1/8ch 1 BEHRINGER MX1602 1
           
Speaker
Community N-FB 2 YAMAHA MS-60S 1
CERWIN-VEGA SUB-15 2 MS-201 2
SM-152 4 MS-101 1
EV S80 2 SONY SMP-1(改) 2
SX-200 4 B&W CDM-2 2
PEAVEY TLS-1 2 DIATONE DS-7 2
MM-1 1
Amp
AB 9220 2 YAMAHA MX-4220 1
200 3 Aura VA-50 1
CARVER PM-300 2
CREST 4801 2
Outboad          
T.C.electronic M2000 1 SUMMIT AUDIO MPC-100A 1
  Finalizer 96k 1 BBE 862 1
LEXICON  MPX-200 1 JOEMEEK Pro Channel  2
  Reflex 1 BEHRINGER T1952 1
YAMAHA SPX-2000 1   MDX-1400 2
LA AUDIO BCL 20 1   MDX-1600 1
  EQX 20 1 DBX 266 3
ART TUBE EQ 1 AB 231EQ 2
PRESONUS MP-20(改) 1 DBX 2231 1
APHEX 107(改) 2   2031 1
ATI 8MX2 2 DOD SR231QX 1
YAMAHA MLA7(改) 3   SR431QX 1
BEHRINGER ADA8000 2 Accuphase AD-2401 1
           
Recorder          
SONY PCM-2800 1 MACKIE SDR24/96 2
  PCM-7010F 1 ALESIS ML-9600 1
  PCM-E7700 1 SONY MDS-S35 1
TASCAM DA-45HR 1   MDS-S50 1
  DA-30MK2 1 PIONEER RPD-500 3
  DA-302 2 YAMAHA CDR-1000 1
  DA-78HR 2      
 
VTR Camera          
Panasonic DVC-200 1 SONY TRV-300 1
SONY EVW-300 2   TRV-310 1
SP (Studio)     Amp (Studio)    
ECLIPSE TD-512 AB 200(改)
YAMAHA NS-10M&YST-SW305 SONY TA-N86
DAW
Studio No.1 Samplitude 7.2 P4 / 3GHzHT/ 1GB /ECHO Mona/MCU
Studio No.2 Samplitude 7.2 AMD Opteron Dual / 1GB / UAD-1 / 1814
Mobile No.1 Samplitude 7.2 P4 / 2.8GHz / 1GB /RME HDSP9652
Mobile No.2 Samplitude 7.2 P4 / 1.8GHz / 640MB /ESI U24




クオリティーへの拘り

私たちは大手の録音会社ではありませんから、持てる機材には限りがあります。
ですが、多くの現場で培ってきたノウハウを惜しみなくつぎ込んで、拘りの姿勢でクオリティーを追求しています。
電源レギュレーターの導入を始め、電源の極性管理の徹底、ケーブル類はその材質や半田、コネクターに至るまで吟味した物を使用し、必要ならば機材本体にも改造を施します。
そして、どんな機材でも極限の性能を引き出せるように心掛けております。

それらはスタジオの機材も同様です。電源の管理、モニターSPの選定、デジタル、
アナログの使い分けやカスタムPCの導入はもちろんの事、記録メディアやCD−Rの
ストックは多種にわたり、それらを用途によって選別する等、随所に拘りを持っておりますが、何よりそれらをどう使いこなすか?が最も大切な事でしょう。
一般民家の6畳間のスタジオですが、そのクオリティーには自信を持っております。


      

 



Copyright (C) 2005 Taiyou Club Recordings. All Rights Reserved.